コスプレでストレス発散や愛着わくキャラクターを愛する人が多い

コスプレは日本が発祥の地となっており、海外に比べても参加人口やイベントの規模やクオリティーの高さは群を抜いています。では、そもそもなぜ日本でこれだけの人気があるのでしょうか。当然ですが、何らかの理由や要因がなければここまで流行らないわけです。

コスプレ漫画やアニメの人気が非常に高い

日本は、漫画やアニメの人気が物凄く高いです。海外と比べても非常に質が高いですし、小さい子供から大人まで幅広い世代に人気があります。それだけ多くの人が漫画やアニメを見れば、「そのキャラのコスプレをしてみたい」、「自分もこんなキャラクターになりきりたい」と思う人も必然的に出てくるわけです。

また、漫画やアニメには可愛いキャラクターや、かっこいい登場人物も多く出てきます。それに憧れて、「自分も可愛い衣装を着たい」、「かっこよく見えるコスチュームを着てみたい」と思ったりするのです。このように、漫画やアニメによる影響は非常に大きく、日本の文化を支えている存在とも言えるのです。

逆に言えば、アニメや漫画がそこまで普及していなければ、発祥の地は別の国になっていたかもしれないのです。そういう意味では、漫画家やアニメクリエイターの功績はとても大きいと言えるでしょう。

日本人はコスプレのイベント好きな傾向にある

日本人は総じてイベント好きな傾向にあります。例えば、クリスマスやハロウィンも日本が発祥ではありませんが、諸外国よりも盛り上がったりしているわけです。したがって、コスプレのイベントが行われる際でも、普段は全く関心を示さない人も参加したりするのです。それをきっかけに興味を持つケースも多いですし、参加人口の底上げになっているのです。

特にコスチュームプレイでは、たくさんの人と交流することができますし、衣装を着てメイクをするだけでいいので、気軽に参加できる面があります。友達に誘われて仕方なく参加しただけなのに、思っていた以上に楽しくてハマってしまう人も少なくないのです。

あとは、普段日本人は真面目に仕事をする人が多く、こういった場所で定期的にストレスを発散させたり、仕事を忘れて思う存分楽しみたいと思う人もたくさんいるのです。